高齢者に多い老人性包茎を治すために包茎手術を受けよう

高齢者に多い老人性包茎を治すために包茎手術を受けよう

 

日本人の平均寿命がどんどん延びていますが、それに伴って包茎手術を受ける高齢者も増えています。これには老人性包茎の増加も原因の一つになっています。老人性包茎とは、年齢を重ねるとともに出てきたお腹やたるんだ皮にペニスが埋まったり、ペニス自体が縮んでしまい、包皮をかぶってしまう状態のことを言います。お腹が出ている人は時には体内にペニスが埋没したようになることもあります。

 

若い時には正常だったペニスが高齢者になってから包茎になってしまうので、その精神的ショックは大きいようです。また、埋没ペニスの方は排尿時にペニスを取り出すことができずにズボンを汚してしまうこともあります。それに高齢者の方が介護を受けるようになった時に、老人性包茎だと男性用の尿瓶を使うことが困難になり、カテーテルやおむつ、女性用の尿瓶を使わなければならなくなることもあります。

 

このような精神的苦痛を考えると、高齢者でも包茎手術をしておいた方がいいと思うでしょう。今さらと感じる方もおられるかもしれませんが、実際に高齢者の包茎手術需要は高い事実があります。自分に自信をつけ、周りの人に迷惑をかけないためにも高齢者でも包茎手術をした方がいいのです。

 

仕上がりが気になるなら美容外科で包茎手術を

 

包茎手術を受ける際に、やはり費用のことが気になりますよね。できれば安いところで受けたいと思うのが自然ではないでしょうか。それなら、健康保険が適用される泌尿器科で行えばいいと思いませんか。しかし、泌尿器科での包茎手術は見た目にあまり重きを置いてくれていないところが多いのです。そもそも、泌尿器科だとすべての包茎治療に保険が適用されるというわけではありません。真性包茎やカントン包茎などの健康面に支障がある場合のみ保険が適用されるのです。

 

そこで、仕上がりなどを重視したい人はやはり美容外科で包茎手術を行うことになります。美容外科なら仕上がりを重視した包茎手術を行ってくれるでしょう。また、包茎専門の美容外科などは経験豊富で技術も確かなところが多く、安心して受けられるでしょう。そういったところでは学割サービスを始め様々な割引制度があったりすることもあります。高齢者で専門クリニックを選ぶ方は多いです。どこで包茎手術を受けるか、いろいろと調べたうえで慎重に決定しましょう。