包茎手術で傷跡が目立つ目立たないは個人差がある

包茎手術で傷跡が目立つ目立たないは個人差がある

 

包茎ということで見た目が悪く、不衛生ということもあり包茎手術を受ける人はあとをたちません。包茎手術を受けることで数々のデメリットは解消されますし、難しい手術ではないため最近では一般的な治療になってきています。日帰りでの治療が可能ですし、局所麻酔で1時間ほど意識がある状態のまま手術を終える事が出来ます。その間、緊張するのは言うまでもありませんが…。

 

包茎手術は難しい手術ではないとはいっても、メスを入れる治療なので傷跡については気になりますよね。傷跡については個人差があって、目立つという人もいれば目立たないという人もいます。傷跡は治療をした医師によっても違いがあるし、体質によっても違ってきます。現実問題、傷跡が全く入らないことは物理的に無理ですので、あとは美容外科の技法を使って以下に目立ちにくくするかが決め手となってきます。分かりやすく言えば、傷跡を陰毛で隠れる部分に持ってくるとか、縫合する際に質の良い糸を使って後に残り辛くするとか、亀頭の傘の下に傷跡を持ってくるとか、そういった技法がカギとなります。

 

デリケートな部分の手術なので熟練した医師に治療してもらうのが安心だと思います。まずは自分がどのタイプの包茎なのか、どういった治療が自分には適しているかなどを事前に調べる必要があります。今はネットで様々な情報を入手することができます。実際に包茎手術を行った人の声などが口コミとして投稿されていることもあるのでチェックすると参考になるのでおすすめです。中には訴えを受けているクリニックなどもありますが、だからといって必ずしも悪いクリニックとは限らないように感じます。無料のカウンセリングが実施されている以上、ココで判断する機会が与えられているわけですので、それを同意した上で後から高すぎるなどと言うのは少し違うのではないかとも思います。

 

中には未成年が親に内緒で包茎手術を行い、そのことを後から親に相談して親が訴えるといったケースもあるようです。実際に高額なローンを組まれていたようですし、傷跡も酷かったとか…。裁判の結果は適正価格を支払うと言う形で和解になっているみたいです。こういったトラブルを避けるためにも、一つのクリニックで決めるのではなく複数を回って比較したり、未成年であれば必ず親に相談するなど最低限の事はやったうえで決断するようにしましょう。